結婚して気にする教育ローンのこと

結婚して、自分の子供が生まれたら、小中高、そして大学まで進学させることになるでしょう。自分の親や結婚相手の親を頼るといった手段もありますが、どの道、教育費というのは一般的な家庭の大きな問題の一つでもあります。

預金を切り崩すだけではなく、国からの奨学金、または銀行などからの教育ローンまで様々な選択肢がありますね。国にも奨学金と教育ローンの二種類があり、かなりの違いがあります。まずはこの違いから見ていきましょう。

国からの奨学金と国からの教育ローン、最大の違いは無利子かそうでないかです。奨学金の場合は無利子ですが、国からの教育ローンの場合は利子がつきます。また、貸し付け方も異なっており、奨学金は月々定額、ローンでは上限300万円の一括貸付です。その他の条件としては奨学金は成績要件、つまりある程度の学力を示さなければなりませんが、ローンの方はそちらは不問です。国からの教育ローンはキャッシングと似ていますね。ちなみに奨学金と国からの教育ローンは併用できるので、これも使い方次第では助けとなるでしょう。

一方、銀行でも教育ローンをやっていますね。こちらは国のローンと比べて貸付額が大きく、500万円程の限度額になっています。また、元金据置期間の存在や借り入れ期間が十数年あるといった特徴も挙げられます。少子化の影響により、逆に子ども一人あたりに掛ける金額は上昇傾向にあります。結婚した当時と将来実際に子供が大学入学を考える時代とでは状況も変わってくるかもしれませんし、例えば医学の道を志したいといった場合にはさらにお金がかかりますので、こちらのローンの使い方も知っておいたほうがいいでしょう。

銀行でのローンの場合、当然銀行の基準での審査が行われます。申請者の返済能力、つまり子供ではなく親の返済能力や過去の延滞などの金融関係の事故の有無を調べられることになりますが、特に延滞の過去やキャッシングでの返済事故などがなければ問題ないでしょう。この際、一度に複数の銀行からローンの申請をすると、情報が伝わり一定期間警戒状態になります。

見積もりなどの相談の段階ならばいいですが、審査の申請はここだと決まった一箇所だけにした方がいいでしょう。また、教育ローンならではのことですが、本当に学校に納付したのかどうかを後日証明する必要もあります。そういった履歴が確認できる書類が後々必要になってくることも覚えておいたほうがいいでしょう。

お勧めサイト

富士カラーの年賀状
富士カラーの年賀状を2015年の挨拶レターに

ページ上に戻る

教育にもお金がかかる時代